母子手帳

里帰り出産のメリット・デメリット

出産に臨まれる方は今住んでいるところで出産をしようか、実家の住み慣れているところでの出産をしようか悩まれる方が多いのではないでしょうか。
妊娠されている方は、期待もあり不安もありで大変な事も多いと思います。
極力リラックスのできる環境で出産をしようと思われている方が多いと思いますので、今回は里帰り出産についてのメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

里帰り出産とは、自身の故郷でもあり住み慣れた場所で実家の家族のところで出産をすることをいいます。
里帰り出産をしたいと思われる方は多いと思いますので、メリットとデメリットについてお伝えします。

まずは里帰り出産のメリットですが、やはり一番は妊婦さんがリラックスをした状態で出産に臨めることだと思います。
妊婦さんは期待と不安を持っているので、極力安心できる場所で出産をしたいものです。
そういった意味で気持ちをリラックスできるというのは妊婦さんにとってはメリットとなります。
また、実家に帰ることで自身の両親にも会うことができるので、手伝ってもらえる、助けてもらえるといった面で安心感が全然違うと思います。

次に里帰り出産のデメリットですが、夫婦そろって実家に行くことができれば一番いいのですが、仕事のこともあると思いますのでそれは難しいといえます。
そのため、遠方が実家になる場合は出産に立ち会えないと言ったことも出てくると思います。
出産の立ち合いにパパが来れないとなるとどちらも心配すると思いますので、そこが里帰り出産のデメリットかなと思います。

里帰り出産をする場合は、夫婦でよく話し合ってパパの仕事場にも前もって伝えておくのが一番トラブルがない方法だと思いますので、大変になる前に話し合いをするようにしましょう。

里帰り出産のメリットとしてはやはり妊婦さんが一番安心のできる場所で出産をすることができるということです。
デメリットはパパが立ち会えない可能性があるということです。
出産は一人のものではなく、みんなが力を合わせないと出来ないことなので、妊活は前もっていろいろな話し合いや計画を立てることによって、トラブルが発生することなく出産をすることができると思います。