母子手帳

たくさんある!出産の仕方

出産方法は一つだけではありません。
テレビではベットの上で出産する映像がよく流れていますが、それだけではないのです。
呼吸の仕方を変えるのもメジャーな出産方法のひとつです。
今回はそのような出産方法を紹介していきたいと思います。

出産方法は日本にはとても多く存在しています。例えばソフロロジー式という出産方法です。
こちらの出産方法は聞いたことがある人もいるかもしれません。
イメージトレーニングと呼吸法で痛みをコントロールするという方法です。
その他にも痛みを抑えるための出産方法が数多くあります。

水中出産を聞いたことがあるでしょうか。
水中出産は入浴しながら出産の痛みを和らげて出産させてくれます。
入浴にはリラックス効果があるので、妊婦さんはリラックスしながら痛みをなるべく軽減させて出産することができるのです。

その他にもフリースタイル分娩があります。
好きな態勢で赤ちゃんを産むことができるので、態勢を気にせずに生むことができます。
また、この出産方法は好きな態勢でいられますので、リラックスして出産に臨むことができるのです。

妊婦さんの中には痛みを伴う出産を避けたい方もいるかもしれません。
そんな人のための出産方法があります。
その出産方法は無痛分娩です。
今では医療の技術が進歩しており、陣痛だけを抑えてくれる麻酔があるのです。その麻酔は硬膜外麻酔です。陣痛の痛みだけを取るので、妊婦さんの意識はしっかりとしており、赤ちゃんの産声もしっかりと聞くことができます。
赤ちゃんの泣き声を聞けなくて麻酔分娩は嫌だと考えている方でも無痛分娩は痛みを伴わず、自然に近い形で産むことができるので、産声を聞くこともでき、非常に現代的な出産方法でもあるのです。

このように現在では様々な出産方法があります。 なるべく妊婦さんの痛みを和らげるために出産方法から、リラックスして生むことができる出産方法など幅広い方法があります。
妊活の時から自分はこの出産方法で産みたい、この出産方法が自分には適している等、しっかりと考えておいた方が後々楽でしょう。